動作OS

7 / Vista / XP / 2008 / 2003
32 bit and 64 bit System


フィードバック

ワンクリックでInternetExplorerのクッキーを一覧できるし、よく使う残したいサイトのクッキーだけ残してCookie 削除することができます。クッキーを使った会員制サイトを多く利用している方にお勧めです。

-田中 川崎


CookieはIEの設定で管理できますが、IEとは別にCookieを監視/削除したい時やいちいちIEの設定画面で消すのは面倒くさい時に便利です。Cookieは必ずしも悪いとは言いませんが、必要の無いものが残っているのはよくないので、このレジストリクリーナーをずっと使ってます。

-斉藤 福岡

 

アワード

 

 

 

危険なCookie 削除すべき

クッキーやCookie 削除といった言葉をご存知でないかもしれませんが、何も公開してないのに、どうして自分の個人情報や銀行口座などの情報を漏らしたのかが知りたいですよね。

普通、パソコン操作によって、個人情報漏えい事件を発生させたのはすべてユーザー自身のせいだといえません。第三者の巧妙な技術や、ネットワークの不備なども考えられます。 例えば、ここで言うクッキーですが、ウェブサーバーからブラウザに送られ、パソコンに保存される情報ファイルことで、ユーザーが同じサイトに再度アクセスすると、それは自動的にパソコンから送信され、一度アクセスした人を特定できるのです。 だから、クッキーが存在しないと、ネットショッピングなどの成立は一切不可能となりますが、存在したままでは、横取りされる可能性はあります。一層拒否すれば妥当で安全そうですが、アクセス度に認証しないといけなかったりして不便なので、定期的に作成されたクッキー 削除するしかないです。特にネットカフェなどで利用する公衆パソコンでネットを利用した後、プライバシーを保護するために、必ずCookie 削除しないといけないです。

Cookie 削除する方法は下記の二通

手動でクッキー 削除

1.Internet Explorerを開く

2.「ツール」→「インターネットオプション」をクリック

3.インターネット一時ファイル欄の「cookieの削除」ボタンを押す

4.確認メッセージが出るので、「OK」をクリックしてクッキ 削除を完了

5. IEを再起動


 

レジストリクリーナーでクッキー 削除

上記のように操作すると確かに一発でクッキーを消すことが出来ますが、個別に消したい時は、やはり不便で、どこにあるのかも知らないクッキーフォルダを見つけ出して一つ一つ削除しなくてはだめなので、重労働です。


レジストリクリーナーでは、「スキャン&クリーン」→「痕跡/履歴クリーナー」の順でクリックすれば、右側に「インターネット閲覧履歴」項目が見えます。それを展開して、下の階層に「クッキー」があります。それにチェックを入れた後「スキャン」ボタンを押すと、下にクッキーファイルが表示されます。消したいクッキーを選択して「削除」ボタンをクリックするだけで、一つずつCookie 削除できるようになります。


繰り返すようですが、簡単なマウスクリックで全般にスキャンし、数分間でクッキーの削除できて便利でしょう。個人情報を守ると同時に、要らないクッキーとよく利用するクッキーをコントロールできるレジストリクリーナーはなくてはなりません。早速無料体験しましょう!