動作OS

7 / Vista / XP / 2008 / 2003
32 bit and 64 bit System


フィードバック

エラーの原因を探ってくれた~ありがどう!!

-浜田 多摩市

 

OSはWin7ですが、DLLエラーがうまく修復できました。役立つツールです。感謝しています。

-太祐 町田市

 

このソフトに合ってホントに助かります。パソコントラブルに困ってる方はまずレジストリの故障の修復を。

-山田

アワード

 

 

 

どうすれば自分でDLLエラーを修復できる

DLLエラーの修復は必要かどうか?

DLLエラーの発生は、レジストリの故障を意味しているのです。レジストリエラーの修復と同じように、レジストリが完全崩壊にならないため、エラーの修復も必要とされます。もし修復しないで壊れたシステムを作動し続ければ、潜在的なリクスと伴っていろいろなトラブルを起こさせるし、システム崩壊の可能も高くなります。


それに、その修復は思っているより簡単だし、わざわざ修理に出さずに自分ででもできます。

エラー修復までの4つのステップ

1.エラーに対処できるツールをダウンロードします
2.ツールをインストールして起動します。
3.「スキャン開始」のボタンをクリックします。
4.「修復」のボタンをクリックします。

どうしてDLLエラーが発生するか?

幾つかの原因があります。まず、Trojan(トロイの木馬)に侵入され、レジストリを書き換えられたことが考えられます。この場合、ウィルス対策とスパイウェア対策してても無駄です。これらのソフトでは、Trojanとマルウェアの検出が出来なくてましてや駆除は断じて不能ですから、結局エラーが発生するわけです。


また、ソフトのアンインストールで共有DLLファイルの紛失、ウイルスが入った疑惑コンポーネントの導入などがエラーを発生させる可能性もあります。


ここで厳密にテストさせれたレジストリクリーナーを推薦しましょう。エラーを100%修復できて、他のレジストリ対策ソフトより遥かに優れています。


何故なら、レジストリクリーナーは、性能高い分析力に基づいて素早く無効なレジストリキーを検出して、様ざまなエラーを一覧に表示されることができます。


何度でも出て普通のパソコン操作を影響するDLLエラーに困っているあなたに、このレジストリクリーナーを強力にお勧めします。早速ダウンロードして、問題を解決しましょう!