動作OS

7 / Vista / XP / 2008 / 2003
32 bit and 64 bit System


メモリ 最適化

フィードバック

メモリ消費率はいつも高くて、パソコン動作が酷く重かったんで、メモリの最適化作業を試みました。多数のツールのなか、一番便利なのはやはりレジストリクリーナーでお勧めです。
-長坂 兵庫


レジストリクリーナーはなかなか良いメモリ 最適化ツールだと私は思います。ソフト本体も軽いし、作業も素早いです。パソコン動作がホントに軽快になりました。
-柿崎 熊本


プログラムがそんなに実行していないはずなのに、メモリ不足の警告がよく出られました。どうすればいいかと悩んでいたとき、レジストリクリーナーを見つけました。早速メモリ 最適化を行ってみたところ、警告はマジに表示しなくなりました。
-小倉 徳島

 

アワード

 

 

メモリ 最適化して快適なPCをやる

メモリ 最適化

メモリ使用率はWindows作動スピードを左右する重要なパラメータです。パソコンはデータの読み込みに時間がかかったりとか、Windows起動や操作が凄く遅かったりとか感じると、まず、メモリ使用量を確認してください。普通パソコンはなかなか反応しない時、メモリ 最適化とメモリ不足解消作業を行うと改善されることが多いです。

パソコン重いのはメモリ不足に起因

パソコンを使い続けると、データの書き込みと削除が随行行われるので、メモリ内が断片化されやすいです。そしてこれらのフラグメンテーションが酷くなるほど、パソコン動作が重く感じます。また、パソコンに多数のプログラムが働いている中、長く使わないプログラムが裏で実行されると、メモリはかなり食われます。すると必要以上に消費される場合、PC フリーズなどの不具合が起きやすくなります。

二つの対策でメモリ 最適化を行う


メモリ 最適化

1.デフラグを実行、再起動


フラグメンテーションによって、システムの処理量を増加された時、最も簡単で早い解決法はデフラグをすることです。一般的なやり方はパソコンを再起動してメモリを解放することによって最適化効果を得るかもしれませんが、性能高いメモリ 最適化ツールレジストリクリーナーでは楽にデフラグを行えます。


左側の「PCの最適化」項目をクリックして、「メモリの最適化」を選択します。右上に「高速デフラグ」と「強制デフラグ」の二つのボタンが表示されますが、名の通り、忙しい時は、高速デフラグで、より効果的にメモリ 最適化したい場合は、強制デフラグでOKです。その他、この界面でCPU使用率とメモリ使用率を確認することもできます。


2.アプリケーション及びプロレスを管理


実行中アプリーケーションと常駐プログラムはメモリを消費します。重いソフトなら尚更ですから、パソコンを有効に働かせるため、不要なアプリケーションと使わないプロレスを終了して、メモリを最善に使のがいいし、一度に実行するアプリケーションの数を最小限にするといいと思われます。


スタートアップの管理」は常駐プログラムを点検及び削除する機能です。この機能を使って、安全的に余計なスタートアップ項目を消去と復元することができます。後、「サービスの最適化」機能を使えば、システムが使っているプログラムやwindowsサービスはリストアップされるから、下の各種モードから自分なりに一つチェックして「最適化」ボタンを一クリックすれば、サービスの最適化及びメモリの最適化が実現されます。


上記の手順に従っての作業が終わると、メモリ 最適化は完了されます。快適なパソコンライフをするには、レジストリクリーナーを利用し始めるとしましょう!